旅館業許可申請支援サービス


旅館業許可申請支援サービスとは?

 

民泊の市場が広がり民泊が「簡易宿所」に位置づけられることで、旅館業の許可の申請が注目されています。

しかしながら、旅館業の許可申請手続きにつきましては、建物の用途や地域によっても旅館業の許可見込みも左右され、各地域での手続きも困難なため、行政手続の専門家ではないオーナー様では申請が難しい現状があります。

 

そこで、「OneNote」では、沖縄の各地域の旅館業営業許可の取得に精通した行政手続のプロである行政書士事務所と提携し、オーナー様に代わって、旅館業の営業許可の取得をサポートいたします。

「OneNote」の旅館業許可申請支援サービスを利用することのメリット

 

旅館業許可の申請は、個人でも手続きをすることが可能です。
しかし、その手続きは想像以上に大変です。例えば、 

ステップ1

保健所で、旅館業法(簡易宿泊所含む)を適応しているかどうか?チェックを行います。旅館業法の適法チェックと同時に、各市の条例などにも適応しているかどうかをチェックします。

ステップ2

建築審査課で、建築基準法上のチェックを行います。簡易宿泊所も含め、基本的には「旅館」扱いです。「旅館」にまつわる規制に対して、クリアしているかどうか確認を行います。

ステップ3

消防指導課で、消防法のチェックを行います。消火器や誘導灯(避難口、通路)の設置の基準をクリアしているかのチェックが行われます。

 

これらのステップを経て、保健所に許可申請後、ようやく許可書が発行されます。

それぞれ担当部署も違い、担当部署を行き来する必要があります。

 

さらには、それぞれの部署ごとに、確認作業も要するのでどうしても時間がかかってしまいますし、個人で行うには、多くのステップを踏むうえに、多くの手間がかかってしまいます。

 

しかし、弊社の「旅館業許可申請支援サービス」から申請いただくことで、そういったオーナー様の時間や手間を省くことができます。

 

また、「OneNote」の旅館業許可申請支援サービスから申請を頂いた場合、沖縄の民泊で収益を上げるための運用や清掃のスケジュール管理、メッセージ業務などの対応をオールインワンでご提供し、オーナー様の時間を取られない運用をすることが可能になります。

 

  • 行政手続きのプロによる行政書士による手続き代行

  • ×
  • 沖縄で収益を上げるための「OneNote」の戦略

  • ×
  • オーナー様の時間を生み出す代行業務を「OneNote」がご提供

 

「OneNote」では、オーナー様の
民泊運営に関する負担を軽減するための環境を
オールインワンでご提供しています!

旅館業許可申請支援サービスの内容

 

「OneNote」が沖縄の各地域の旅館業営業許可の取得に精通した
沖縄の行政書士をご紹介し、旅館業の営業許可の取得をサポートいたします

 

1、事前個別調査費用50,000円~(税別)

旅館業営業許可の申請は役所の手続きがあり、
物件の用途地域によって、取得可能か?可能でないか?を調査する必要があります。
その調査の際に発生する費用です。
※証明書の取得にかかる費用などの実費については
上記費用に含まれておりません。
※許可見込みの有無確認簡易机上調査は、無料で行います。

2、本申請150,000円〜(税別)+申請手数料22,000円

旅館業営業許可を取得できる物件であり、
実際に旅館業営業許可を取得した際の成果報酬としての費用となります。
※事前個別調査費用50,000円(税別)はこの金額に、含まれております。
申請手数料は、旅館業営業許可を役所に申請する際に発生する手数料です。

 

本申請につきましては、完全成功報酬なので、
旅館業営業許可が取得できなかった場合には、費用はかかりません。
事前個別調査費用50,000円(税別)のみとなります。

旅館業許可申請支援サービスご利用の流れ

 

1
フォームに入力
2
お申し込み
3
無料相談
4
お見積書提出
5
ご入金
6
お手続き開始
7
結果のご報告

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

物件が決まっている場合は、物件の間取りや住所など、出来るだけ詳しい情報を頂ければ、スムーズにお話を進めることが可能です。

お名前 *

メールアドレス *

TEL

お名前とメールアドレスは必須項目*です。